【漫画買取】Vabooの口コミや評判は本当?実際に古本がいくらで売れるか徹底レビュー!

【漫画買取】Vabooの口コミや評判は本当?実際に古本がいくらで売れるか徹底レビュー!

読まなくなった漫画や書籍を買取に出す場合、これまでは店舗に持って行くのが主流でした。しかし、最近は自宅にいながら買取が利用できる「宅配買取」が普及してきており、中でも「Vaboo」という古本宅配買取サービスは非常に人気です。

  • 他のサービスよりも高く売れた
  • 利用するのが簡単だった
  • キャンセル料がかからなかった

このような良い口コミや評判がたくさんありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこでこの記事では、古本宅配買取サービスの「Vaboo」を徹底的にレビューしていきます。知っておくべき情報や実際の査定額など、あらゆることをまとめてあるので、気になる方はチェックしていってください。

HIRO
HIRO

記事をご覧いただきありがとうございます、買取ライターのHIROです。今回、Vabooに鬼滅の刃の全巻セットを売りに出してみたので、その結果を紹介していきます。

Vabooの基本情報

Vaboo

はじめに、Vabooの知っておくべき基本的な情報をまとめてみました。運営企業や人気の理由を以下で解説していきます。

Vabooの運営企業

まずは運営企業からですが、メルカリなどの台頭により、人々のモノへの意識は「中古でも使えるものは使う」という方向へとシフトしています。

そして、この流れは本にも影響を与え、古本の宅配買取は非常にホットなジャンルです。さまざまな企業が参入しているので、どんな企業がVabooを運営しているのかを事前に知っておきましょう。

株式会社バリューブックスの詳細

株式会社バリューブックス

リサーチの結果、Vabooを運営しているのは「株式会社バリューブックス」であることがわかりました。社名にもある通り、本の買取、そして販売を「完全オンライン」で行う新しい時代の本屋さんで、とにかく本に関する強いこだわりを持っています。

  • 手持ちの本の値打ちを簡単に調べられる「おためし査定」
  • 手持ちの本の読書状態を管理できる「ライブラリ機能」
  • 本を社会に寄付する「チャリボン」

具体的には、企業として上記のような活動、サービスを提供しています。本を資産として捉える「おためし査定」や、手持ちの本の情報を一覧化して読書をもっと楽しくする「ライブラリ機能」、さらには本を通じて社会貢献を図る「チャリボン」など、ユニーク、かつ革新的なサービスを本に特化して提供しています。

そして、Vabooは「会員登録なしで手軽に古本宅配買取ができる」点を最大の特徴として、株式会社バリューブックスが運営しています。所在地や代表取締役などが公式サイトに記載してあるので、情報の透明性もGoodです。

以上より、Vabooは本に徹底的にこだわっている企業が運営していることがわかったので、安心して利用できると考えて問題ありません。

Vabooが人気の理由

続いて、Vabooが人気の理由について解説していきます。今や古本の宅配買取サービスは乱立している状態であるため、何か強みがあるからこそ人気を博しています。

ここでは、Vabooの以下の点にフォーカスしてみました。

  • 利益を上げる仕組みを整え高価買取を実現!
  • 買取基準が明確で安心して利用できる
  • 会員登録せずに利用できる

どれも大切なポイントなので、順番に確認していきましょう。

利益を上げる仕組みを整え高価買取を実現!

Vabooの買取実績例

Vabooの最大の人気の理由が、他のサービスよりも高額買取を狙える点です。

Vabooは自社だけでなく、Amazonや楽天においても買取サービスを実施しているため、他のサービスよりも買取を希望する顧客と接する機会を多く作り出せます。そして、そこで買い取った本を自社の古本販売に流して利益を得ているため、第三者が一切介入しない分、利益を出す仕組みが整えられています。

だからこそ、他店よりも高額な買取金を掲示しても採算が取れるため、高額買取が期待できるのです。

HIRO
HIRO

実は、Vabooは1箱あたり送料が500円かかります。他のサービスでは送料無料としている場合もありますが、その分買取額がVabooより低くなるなど、「実質的な送料」が査定時に反映されることがほとんどです。だったら、最初から送料を別に請求してくれた方が良いですよね。なお、送料は買取額から引かれるため、支払う必要はありません。

買取基準が明確で安心して利用できる

Vabooの買取基準

高価買取だけでもVabooを利用する動機になりますが、さらに「買取基準、査定基準」を明確化しているので、ユーザーが安心して利用できるのも人気の理由の1つです。

具体的には、以下の3つに本をカテゴリ分けしています。

リセール商品
市場で高い値段で売買されている本。他のサービスよりも高価買取が可能。
リユース商品
市場価格が下がり、高い値段での買取はできない。友達に譲る、公共施設への寄付などを提案。
リサイクル商品
市場で値崩れし、在庫がたくさんある商品。古紙リサイクルへと回すため、自治体の古紙回収を利用すべきと提案。

このように、買取前から公式サイト上で基準を明確にしてくれているのは非常に助かります。

また、興味深いのはリユース商品やリサイクル商品など、高値で売れない本を「売らずに活用する方法」を提案している点です。詳細は以下の公式サイトからの引用分をご覧ください。

【リユース商品】

高い買取金額をおつけできない商品ですので、ご自宅でまだ活用できたり、お友達に譲る、近くの公共施設での活用などご自身でより良いリユース方法がある場合は是非そちらで活用いただけるとうれしいです。

【リサイクル商品】

リサイクル商品は、弊社に送るときに発生する送料のコスト、輸送時の環境負荷、弊社スタッフの仕分け作業、全てにおいて大きな負荷がかかってしまいます。 持続的なサービスにしていくために、できる限り仕分けをして送らないようにしていただけるとうれしいです。

上記のように、「高く買い取れません」だけでなく、買取以外の選択肢を掲示してくれている点に、Vabooの本へのこだわりが見受けられます。

今後の社会で重要な「SDGs」の考え方にも似た、非常に洗練された理念のもと運営されていることがわかるため、安心して利用できます。

会員登録せずに簡単に利用できる

Vabooの宅配買取の流れ

Vabooの3つ目の人気の理由は、「利用方法」にあります。

一般的な古本宅配買取の場合、会員登録が必要になりますが、手間がかかることが多いです。なぜなら、古本に限らず、中古品を取り扱い買取を行う業者は「古物営業法」という法律に基づいて、利用者の個人情報を身分証明書を通じて掲示してもらうことを義務付けられているからです。

参考:なぜ?リサイクルショップで身分証を確認する理由【宅配買取センター】 – JUMBLE STORE

したがって、一般的な古本宅配買取サービスでは、会員登録の時点で免許証の写真を撮影して、その情報をもとに個人情報を照合し会員登録を行う必要があります。

しかし、Vabooではこの個人情報の提出は「後出し」でOK。梱包したダンボールにコピーを入れておくか、メールで提出するかの2択です。また、会員登録をしなくて良いので、買取を申請する時の手間が大きく省かれます。

参考までに、以下にVabooを利用する流れをまとめてみました。

1:買取申し込み
公式サイトから買取を申請する。集荷の日時は15時までの申し込みで当日中の引き渡し可能。
2:引き渡し
指定日時に梱包したダンボールをヤマトに引き渡し。
3:査定
ダンボールが届き次第査定。結果はメールで送られてくるので、満足できなかったら買取キャンセルをメールで申請。
4:買取金の受け取り
申し込み時に提出した金融機関に買取金が振り込まれる。

上記がVabooを利用する流れになりますが、最短即日、集荷に受け渡せるスピード感は非常に魅力です。自分でやるのは梱包作業くらいで、あとは全部お任せできるのは非常に簡単でGood。

こんなに簡単に本が買い取ってもらえ、さらに高額買取まで狙えるなら、利用しない手はないように思えます。だからこそ、Vabooは人気なのでしょうね!

Vabooの口コミや評判

Vabooの基本的な情報に続いて、口コミや評判を紹介していきます。買取サービスは利用した方によって評価が大きく分かれるジャンルなので、色々な方の意見やレビューをチェックするのが大切です。

男性の口コミ

漫画を一気に断捨離

子供の頃からストックし続けた漫画を一気に断捨離することを決断しました。が、買取に出すのが面倒になるほどの量で、とにかく邪魔、重い。どうしようかと途方に暮れていたところで宅配で買い取ってもらえることがわかり利用してみました。結果は大満足で、元々段ボールに入っていたこともあり、準備はほとんど要りませんでした。集荷に段ボールを渡してあとは自宅で待機。万単位の想像以上の買取金にもなって、面倒になって捨てようとしていた自分が恥ずかしかった。。とにかく利用してよかったです。

女性の口コミ

子供の不要な本を精算

子供の受験用の書籍と幼児本、漫画本が大量に自宅に眠っていたので、まとめて買取に出しました。想定の2割り増し程度の買取額になったので、お小遣いとして子供に渡したところ喜んでもらえたのでよかったです。なかなか家を離れられないので、自宅にいながら買取に出せるのは本当に助かりました。出張の買い取りでもないので家に人をあげることもなく済んだのもよかったです。また宅配を利用して他のものを売ろうと検討しています。完全に味をしめました(笑)

男性の口コミ

本とゲームを一緒に売った

本だけでなくゲームもダンボールに一緒に詰められるのが便利でした。いっぱいだった本棚が空いたのでスッキリした気分です。新しいゲームを買うくらいの買取金になったので節約にもなりました。

女性の口コミ

査定額が全然違う

少しニッチな本を売りに出したのですが、他の業者よりもすごく高いお値段をつけてもらえました。専門書の買取りに強いようですね。やはり価値がわかる相手に売るのが大切だと実感しました。まだ自宅に眠っている本があるのでそれも出してみようと思う。

男性の口コミ

送料がもったいない

送料が500円かかるのが知りませんでした。あまり高い買取りにならなかったので、送料が引かれたのが残念です。今どき送料は無料じゃないと困ります。

女性の口コミ

社会貢献になる

いらない本をゴミとして出すのはもったいない気がして、何か役に立つ形で手放せないのかを検討しました。そうしたところ、買取り業者の中でもVabooが一番社会貢献に力を入れているように感じました。学校図書館に寄付するブックギフトプロジェクトや、古紙リサイクルなど幅広く行なっているので買取り金は気にせずに出しました。気分良く本を断捨離できて良かったです。こういう買取が増えるといいなと感じます。

Vabooを利用してみたレビュー

ここからは、Vabooを実際に利用してみたレビューをお届けしていきます。

実際に本を買取に出してみたので、その結果を含めて正直に感想を話していきます。参考にしてください。

Vabooを利用する流れ

はじめに、Vabooを利用する流れを写真が画面のスクリーンショット付きで解説していきます。

Vaboo公式サイトで買取申し込みを行う

先述の通り、Vabooのメリットの1つに「会員登録が不要」である点がありますが、実際に利用してみたところ本当に会員登録が不要でした。

Vaboo

こちらがVabooトップページの画像ですが、「買取申し込み」という部分をクリック、タップしましょう。すると、即座に必要情報を記入する画面へと移ります。

Vabooの申し込み画面

まず記入したのは集荷に必要な情報です。

  • 集荷箱数
  • 集荷希望日
  • 集荷希望時間

この3つを記入しますが、集荷希望日と時間を個別に指定できるのはありがたいですね。自分の予定とピンポイントで合わせることができます。

Vabooの申し込み画面その2

その後、氏名や住所などを記入した後、最後に入金先情報を記入しましょう。入金のタイミングとして、一度査定結果を踏まえて検討した上で買取を承諾する「査定結果メール承諾後」、査定の結果に関わらず買取をしてもらえる「査定完了次第」の2つから選べるので、好きな方を選びましょう。なお、後者の「査定完了次第」の方を選んだ場合、査定結果に100円が上乗せされます。

また、振込先の金融機関の情報も記入すれば、これで申し込みは完了です。

Vabooの申し込み完了メール

買取の申し込み後、このようなメールがVabooから送られてくるので、事前に確認しておきましょう。

荷造りをする

申し込みが終わったら、集荷が来るまでに売りたい本をダンボールに詰め込んでおきましょう。

今回買い取ってもらうのは、中古本市場で非常に高い価値がある「鬼滅の刃」です。

古本宅配買取に出す鬼滅の刃

23巻までの全巻セットを買い取ってもらうべく、Vabooに申し込みをしてみました。

古本宅配買取に出す鬼滅の刃を横から見た

本の状態としてはこんな感じで、かなり良い方だと思います。目立った傷や汚れがなく、日焼けもほとんどしていません。

古本宅配買取に出す鬼滅の刃を段ボールに入れた

これを自分で用意したダンボールに詰め込んで荷造り完了です。ダンボールは近くのスーパーでタダで手に入るので、買い物がてら拾ってきたものを使い、空いた隙間は新聞紙で埋め、ガムテープで梱包をすればOK。簡単です。

また、古物営業法に基づいて、買取時に身分証を掲示する必要があります。Vabooでは、「ダンボールの中に免許証などのコピーを封入しておく」と公式サイトに記載があったので、それを参考にコピーをしてきましたが、後から公式サイトのよくある質問を見てみると「メールで免許証などの写真を送付でも問題ない」との記載がありました。

わざわざコンビニまでコピーしに行くのが面倒だったので、ちゃんと公式サイトの方にメールで送付でも問題ない旨を分かりやすく書いておいて欲しかったですね。

集荷に引き渡す

指定した日時にクロネコヤマトの集荷が受け取りに来るので、配達員の方に受け渡しましょう。伝票はVabooからヤマトに発注がかかっているので、こちらで用意する必要はありません。

もちろん着払いなので、用意するものはダンボールだけ。これもわかりやすくてGoodですね。

HIRO
HIRO

Vabooを利用する上でやるべきことは以上です。あとは査定結果のメールを待って、それに承諾するかどうかを決めればそれでOK。非常に簡単で便利ですよね!

Vabooを実際に利用してみた結果と感想

ここからは、Vabooを実際に利用してみた結果と感想を紹介していきます。

1:査定結果、買取金について

はじめに、多くの方が気になるポイントである「査定結果と買取金」についてです。まず結論ですが、鬼滅の刃の査定は以下のメールのような結果になりました。

Vabooの査定結果のメール

ご覧の通り、「4,000円」の査定となりました。鬼滅の刃の新品は1冊あたりおよそ440円程度なので、24巻合計で10,120円がおおよその元値です。したがって、新品の「40%」の値段がつきましたが、これを高いと見るか、それとも安いと見るかは人それぞれでしょう。

あくまで個人的にはですが、鬼滅の刃という作品を楽しんだ分を60%分と考え、残りの40%が自分の手元に戻ってくると考えると、コスパは非常に良かったかなと思います。したがって、査定結果には満足です。

なお、今回は新規利用者限定の「送料無料クーポン」を利用したので、500円分が浮いています。二回目以降はここに500円マイナスが上乗せされるので、この点には注意です。

2:スピード感について

続いて言及するのがスピード感についてですが、若干もたついているように感じました。

今回、マンガが入ったダンボールを集荷に引き渡してから、査定結果が出るまでは「6日」かかりました。これが早いか遅いのかは人それぞれだとは思いますが、少なくともこちらのダンボールが向こうに届いたタイミングで「届きましたよメール」がこちらにくるとさらに安心できると感じます。

集荷完了から4日程度経ったあたりから「ちゃんと届いているのかな」と不安になったので、この点は皆さんも注意してください。

また、もし査定結果に満足できず、漫画を返してもらう場合、集荷完了日から10日程度の時間がかかるので、この点も考慮に入れておきましょう。

3:おすすめできるかどうか

 
最後に伝えたいのが「おすすめできるかどうかについて」です。言わばまとめのような感じですが、Vabooを利用するにあたってかかる費用が「送料のみ」なのは一つ安心材料として挙げられます。

例えば、もし査定結果に満足できずにダンボールを返却してもらう場合、サービスによっては返送料を取られる場合があります。そもそも返送不可としているところもありますが、Vabooは返送料無料!この点はイチオシです。

一方で、人によっては「送料がかかる」点をネックに感じるかもしれません。確かに、本の買取は1,000円や2,000円程度の査定に終わることもあるため、ここから500円を引かれてしまうことを考えると、少しもったいないというか、残念に感じますよね。

しかし、結局のところ、送料を無料としているサービスでは「査定に送料分を反映する」形になるため、実質的には送料を払っていることになります。実際、送料無料としている「買取王子」という宅配買取サービスでは、全く同じ鬼滅の刃の全巻セットの買取価格は、2,800円程度でした。

価格差にして1,200円。送料分の500円以上に差があり、「送料無料」がいかに怪しいのかが分かります。

そういったことを考えると、むしろ500円という送料を明らかにしてくれていた方が信頼できますし、「だったら大きい箱にたくさん詰め込んで送料分を節約しよう」と考えることも可能。

以上より、送料についてはあまり気にする必要はないかなと感じました。

まとめると、Vabooは、

  • スマホ1つで会員登録なしで簡単に申し込みできる
  • 査定結果は不当に安すぎることなく概ね満足
  • 返送してもらう場合に手数料などがかからない

このような信頼できる古本宅配買取サービスであることがわかりました。非常に利用しやすく、査定結果に不満も抱かなかったので、多くの方におすすめできますよ。万が一査定結果に満足できなくても、無料で返してくれるので安心できます。

Vabooをお得に利用する方法

ここからは、Vabooをお得に利用する方法をリサーチしてみたので、マル秘情報をチェックしておきましょう。

初回利用キャンペーンで送料が無料に!

まず要注目なのが「初回利用キャンペーン」についてです。Vabooでは送料がダンボール1箱につき500円がかかりますが、初回利用時に限りこれが無料となるキャンペーンを常時開催しています。

一応、公式サイトには「今だけ」と記載はあるものの、実質的に初回の得点になっているので、「最初は500円お得に利用できる」と考えましょう。

限定キャンペーン情報を欠かさずチェック

Vaboo

また、初回キャンペーン以外にも、不定期開催の限定キャンペーン情報もかかさずにチェックしておきたいところ。

例えば、この記事を執筆している2022年2月6日現在、「2,000円毎に200円UPキャンペーン」を実施しています。10,000円売れば1,000円が、20,000円売れば2,000円が上乗せされるので、実質的に「買取金額10%アップ」で非常にお得ですよね。

したがって、このようなキャンペーン情報のチェックも忘れずに行いましょう。

Vabooをおすすめできるのはこんな方

ここからは、Vabooを実際に利用した筆者が、Vabooの利用をおすすめできる方について解説していきます。

宅配買取を初めて利用する方

Vabooを利用してみた感想として最も強く感じたのが「非常に簡単に利用できる」ところでした。

従来の対面式の買取と比較して、宅配買取は確かに便利ですが、スマートフォンやパソコンでの申し込みが必要だったり、ダンボールに本を詰め込んだりする必要があり、少し手間がかかるのも事実でした。

しかし、Vabooは会員登録を不要としているため、最低限の情報を入力するだけで済みます。また、自分でダンボールを用意して集荷に渡せば良いので、スピーディーに買取を行えるのも魅力。

今回、実際に利用したところ、分かりにくかったりストレスに感じ部分はほとんどなかったので、宅配買取を利用してみたい方におすすめできると感じましたよ。

相見積もりをしたい方

本だけでなく、あらゆる買取で重要なのが、見積もりを比較検討する「相見積もり」です。Vabooは査定後に買取の可否を決定できるため、相見積もりをしたい方にうってつけだと言えます。

しかも、査定キャンセル後にかかる費用は一切ないので、見積もりを取るだけならデメリットがないのも魅力。出来るだけ高く売りたい方は、Vabooを利用してみましょう。

Vabooに関するよくある質問

最後に、Vabooに関するよくある質問について、実際に利用した筆者自ら回答していきます。

他の買取と比較してどうですか?

Vabooを他の買取と比べると、「手軽に使える宅配買取」だと感じました。

会員登録がいらないので、無駄に情報を入力する必要がなく、申し込みから買取金の受け取りまで直感的、かつスムーズに進みます。

また、後ろに本の買取、販売の国内最大手「バリューブックス」がいるので、安心して利用できるのもGood。あらゆる本の宅配買取の中でも最有力候補に上がる存在です。

まとめ

この記事では、本の宅配買取サービス「Vaboo」の口コミや評判が本当なのかを確かめるべく、実際に利用してレビューを行いました。

査定額や利用手順など、概ね満足できる結果に終わり、サービス対応も文句なしだったので、万人におすすめできる買取サービスだと感じます。本を手軽に、高く売りたい方は利用を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です